よろず支援拠点とは?

about01

「よろず支援拠点」とは、経済産業省が平成26年度から実施する中小企業支援制度で、経営相談に対応する窓口が都道府県毎に設置されました。
地域を支える中小企業・小規模事業者の業績改善を通じて地域活性化を目指す、無料で長期的な相談窓口です。

制度の詳細は、中小企業庁ホームページ

(公財)北海道中小企業総合支援センターでは、経済産業省北海道経済産業局より中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業(よろず支援拠点事業)を受託し、平成26年6月2日(月)にセンター札幌本部及び道内6か所(函館・帯広・釧路・旭川・北見・室蘭)の支部内に、中小企業の相談窓口「北海道よろず支援拠点」を開設しました。
北海道よろず支援拠点には専任のコーディネーターと12名のサブコーディネーターが配置され、複雑・高度・専門的な経営課題を抱える中小企業・小規模事業者に対し、ニーズに応じたきめ細かい支援サービスをワンストップで提供します。

具体的には?

about02

みなさまが抱えるさまざまな経営課題、

  • 売上を拡大したい
  • 生産性を向上させたい
  • 起業・創業したい
  • 資金繰りを改善したい
  • 労務・雇用について相談したい
  • 事業再生について相談したい
  • 事業承継を検討している
  • 海外進出を狙っている

…などに対し、専門のスタッフが常駐して対応し、みなさまと一緒に解決策を考えます。

利用の方法は?

about03

ご利用料金は無料です。
また、ご利用回数に制限はありません。
まずはお電話・メールでお気軽にお問合わせください。
ご相談内容をおうかがいし、来所のご予約を承ります。
ご来所が難しい場合は、お電話やメールでのご相談も承っております。
予約なしにご来所いただくことも可能ですが、拠点により開設日時が異なるためご注意ください。

ページ最上部へ